湊成佐。

オンラインゲーム「艦隊これくしょん」記事をメインに日々徒然日記。合言葉は「まぁ、そうなるな。」

 
へい、らっしゃい!
「艦隊これくしょん」佐世保鎮守府サーバー(2015.2.6に大湊より転属致しました)でちまちま提督やっとります。

提督名&HNの由来は,宝塚歌劇団、花組トップスター(※2015年5月現在)の
『明日海りお(あすみ・りお)』さんから拝借しております(・ω・)
艦これ以外の記事もUPしたりもするかもしれませぬが予定は未定。

はじめましてはコチラから(・ω・)ゞ
※2015.5.23自己紹介更新
 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイロン沖海戦のお勉強~「発令!第十一号作戦」前哨戦~


Edit Category イベント関係雑感

お久しぶりでございます(こればっか)、あすみどりでござーます!
もう4月も半ば。
いやー早いですね!(こればっか)

さてさて。
春イベントの概要・タイトルが発表されました。

【発令!第十一号作戦】

マリアナ沖・VT信管あたりでもぶっ放してくるかと思いましたが、
聞いたこともない作戦名でしたので、ちょっと色々調べてみました。
至らないところもあるかと思いますが、おっぱじめます!

【第十一号作戦】ってなんぞや(・ω・)?
1942年(昭和17年)6月に陸軍海軍によって実施が計画され、結果不実施となった「セイロン島攻略作戦」のこと。
同年4月頭に実際行われた「セイロン沖海戦」とは別物です。

1942年(昭和17年)6月と言えば、ミッドウェー海戦
wikipediaの「ミッドウェー海戦」のページにこうありました。

----------引用ココカラ-----------
日本の連合艦隊は、真珠湾攻撃後は南方作戦に機動部隊主力を投入していたが、セイロン島攻略作戦案が採用されなかったために、連合艦隊幕僚は第二段作戦の移行までに残された4週間で代替案を作成しなければいけない立場に置かれていた。
----------引用ココマデ-----------

連合艦隊幕僚は「海上戦力のみでの作戦計画立案を応急的にでも進めなければいけない」と判断(陸軍入れて考えるからまとまらないと判断した模様)、
結果としてハワイ攻略を見据えた作戦計画を立案し、その前段階として浮上したのがミッドウェーだそうな。

つまり、ミッドウェーはセイロン島攻略作戦の代替案だったということで良さそう……かな?

歴史にたらればはナンセンスだけど、もし。
そっちが実施されていたら、主力空母4隻が沈むことはなく、
戦局も変わっていたのかもしれない……なんて思ったりもしますが、
セイロン沖海戦の後すぐドーリットル空襲(本土爆撃)があり、
ミッドウェー攻略の必然性を感じた陸海軍が総力戦として
MI/ALに出向いたことを考えると……どうだったんだろうな、とも思いますね。

しかし、艦これではその「たられば」をやろうっちゅーこってすな!
機動部隊戦力ちゃんとしとけよ!」なお達しがありましたので、
セイロン沖海戦からif作戦であるセイロン島攻略までがイベントの舞台になるのかなーなんて思ってます。

が。

はて……セイロン沖で南雲機動部隊が出払ってる最中にドーリットル空襲があったって、
それ、2014年夏イベ最終海域でなんかそんなん見たぞ……
この時、米艦隊迎撃に当たったのが、
祥鳳・愛宕・高雄・瑞穂・嵐・野分・摩耶・羽黒・妙高・神通・鳥海
艦これで改二実装されてる艦ばっかじゃないすか……!
まさかの戦艦と正規空母なしで最終海域攻略……あるのかな……
総力戦でいこうよ(提案

調べる前に同じ6月ってことで、ツイッターで「MIと島攻略の二面作戦だったらどうすんべ」とか書きましたが、
if作戦なので可能性がゼロじゃねーっつーのがまた恐ろしいところでもありますけどね!
札はやめよう(提案その2

【セイロン沖海戦】ってなんぞや(・ω・)?
1942年(昭和17年)4月にインド洋セイロン島沖で、日本軍と英海軍東洋艦隊(イギリスは連合国側)の間で行われた海戦のこと。
一部資料では「セイロン島空襲作戦」となってたりするようです。

1941年(昭和16年)12月10日(真珠湾の2日後)に日本海軍航空部隊と
英海軍東洋艦隊の間で行われた「マレー沖海戦」にて、
「レパルス」と「プリンス・オブ・ウェールズ」の戦艦2隻を航空機に沈められ、
その2ヶ月後に東南アジア征服の最重要拠点であったシンガポールも失陥し、
大損害を受け存亡の危機にあったイギリスが退避していたのが、
インド洋のセイロン島(現在のスリランカ)、コロンボ基地とトリンコマリー軍港。
sri_lanka_map01.png

1942年の3月、南方作戦(第一段作戦)の最終段階にあって、
その次の第二段作戦として陸軍と海軍の間であーでもないこーでもないと対立しつつ、

<ドイツ>
・インド洋に日本海軍の戦力を投入してイギリスの後方を撹乱して欲しいぞな!


なんていう要望もあったため、
連合艦隊司令部がセイロン島占領を計画したようですが、
島の攻略については陸軍がどうも難色を示していたっぽく&
海軍軍令部が「米豪遮断するつってんだろ!」と反対、この作戦計画は後退したそうであります。
繰り返しになりますが、この代替案がハワイ攻略(その前段階としてミッドウェー)のようです。

しかしながらすでに3月頭に、セイロン占領計画がかな?
時の総理ウィンストン・チャーチルに「セイロンがあぶねぇ」という情報として渡っており、
チャーチルは
Churchill01.png
対策を施します。

<セイロン島を占領された場合>
・中東の連合国軍補給ルート遮断されちゃうんじゃ?
・スエズ運河陥落されちゃうんじゃ?
・アフリカにおける枢軸国(日独伊あたりの連合国の敵側 ※間違えていたので修正しています)の勝利が現実のものとなる可能性あるんじゃないか?


と、イギリスや連合軍に取っては不利も不利。
絶対阻止したかったのでしょう。
「第二次大戦において最も活躍した戦艦としても称賛されている」とされる、
戦艦ウォースパイトを派遣していることからも、それが伺えるような気がします。

これそびえ立つ敵として出てくると思うんですよね、ウォースパイト。
セイロン沖では交戦はしてないようですけど。
イギリス海軍にとっては高速戦艦の重要性(というか低速戦艦が無用の長物だと思い知らされたと……)
が浮き彫りになった戦いでもあるそうなので、
そこらへんをイベントにも仕様として組み込んでくるのかどうなのかと言ったところ。
ウォースパイトは、金剛型と同年代に作られた戦艦で、
敬意をこめて「オールド・レディ」という愛称で呼ばれていたそうですが、
金剛型とガチンコ勝負な感じになるんじゃないかと予想!
実際、金剛型勢揃いで赴いているようですし。

金剛にとってはイギリスは故郷でもありますが、
同盟国のドイツのビスマルクはイギリス海軍に沈められていたりで、
人同士や国同士のつながりを無慈悲に断ち切る戦争の虚しさを漠然と思ったりします。

本国艦隊から増援を受け、戦艦5隻空母3隻の大艦隊へ復旧した東洋艦隊は、
日本軍にとって、資源供給地(オランダ領東インド)の安全を脅かす存在であり、
これを撃滅すべく空母機動部隊を転用し、行われたのがインド洋作戦ということだそうで。
占領はしない、でも艦隊は撃滅する!ってことかな。
ドイツにインド洋出てくれって言われてるのを完全無視は出来なかったとかもありそうですが。

こうした敬意で勃発したのが、「セイロン沖海戦」でございます。

戦闘経過は続きに隠します。





(戦闘・ω・経過)
Somerville01.png
暗号解読に成功し、日本軍が4月1日にセイロン攻撃予定であることを知った、
サー・ジェームズ・サマヴィル司令長官は、セイロン島から、モルディブのアッドゥ環礁に艦隊を退避させます。
(連合国側からも警告がいったとも書いてある資料あり)

Somerville02.png
このため、「規模の大きくない攻撃にのみ対処する為、艦隊を洋上に展開してコロンボの東方で陽動に当たり、艦隊現存主義を維持する方針」が決められたということです。

sri_lanka_map02.png
モルディブ結構遠い

来る日本軍迎撃のために洋上で演習を行う東洋艦隊。
しかし、日本軍はというと。

航空母艦「加賀」…パラオで暗礁に挫傷、本土引き返し
第五航空戦隊…遅延


当初の予定より遅れておりました。
巷に飛び交う「加賀さん入れたらそれるんじゃ…」疑惑はここからですね。
どうなんだろうなぁ。

暗号解読は行っていたものの、日本軍の動きがつかめないまま、待てども来ない。
Somerville03.png

~アッドゥ環礁到着してまもなく~
「セイロン島南東海上に日本軍機動部隊発見!」

Somerville04.png
この日本軍発見によって、イギリス軍は燃料補給中かつ速力の遅い旧式戦艦リヴェンジ級を切り離し、
ウォースパイト率いるA部隊と、旧式戦艦リヴェンジ級のB部隊に分かれての運用に至ります。

【日本軍戦闘序列】
(付きは艦これ実装済み艦)

第一航空艦隊
司令長官:南雲忠一中将

第一航空戦隊
┗ 航空母艦 赤城

第二航空戦隊
┣ 航空母艦 飛龍
┗ 航空母艦 蒼龍

第五航空戦隊
┣ 航空母艦 翔鶴
┗ 航空母艦 瑞鶴

第三戦隊
┣ 戦艦 金剛
┣ 戦艦 比叡
┣ 戦艦 榛名
┗ 戦艦 霧島

第八戦隊
┣ 重巡洋艦 利根
┗ 重巡洋艦 筑摩

第一水雷戦隊
┗ 軽巡洋艦 阿武隈

第四駆逐隊第二小隊
┣ 駆逐艦 萩風
┗ 駆逐艦 舞風

第一七駆逐隊
┣ 駆逐艦 谷風
┣ 駆逐艦 浦風
┣ 駆逐艦 浜風
┗ 駆逐艦 磯風

第一八駆逐隊
┣ 駆逐艦 陽炎
┣ 駆逐艦 不知火
┣ 駆逐艦 霞
┗ 駆逐艦 霰


昨年夏のMIイベントと順番がひっくり返ってるので、一瞬びっくりしましたが、日本海軍機動部隊全盛期ですね。
軍艦ではなく、航空機に戦艦を2隻沈められているイギリスにとって、
当時世界最高峰の機動部隊は脅威だったと思います。

【4月5日 コロンボ空襲】
日本軍はコロンボ南西200海里から、艦載機180機でコロンボ空襲を開始。
港湾施設及び飛行場を攻撃、

東洋艦隊主力はまだ洋上であり、港湾に存在せず。
駆逐艦テネドスと仮装巡洋艦ヘクターを撃沈はしたものの、その他の目標乏しく、攻撃完了後撤退。

そして、覚えておいでですか(唐突
Somerville03.png
サマヴィル司令長官がコロンボにドーセットシャーとコーンウォール(共に重巡洋艦)を工事と護衛のために退避させていたのを……

空襲被害は免れていたらしい2隻に
Somerville05.png
サムヴィル司令長官は合流命令を下し、そのために移動していた2隻を利根搭載の水上偵察機が発見。

江草隆繁少佐率いる九九式艦爆隊の急降下爆撃により撃沈された

とあります。
艦これにも装備として実装されておりますね、江草隊であります。
当時江草少佐は、32歳。
蒼龍艦爆隊長として行ったこの九九式艦爆隊の急降下爆撃の命中率は87%にも及んだそうで、
攻撃開始20分で2隻は撃沈したのだとか。
当時は、訓練ですらこの命中率は達成出来ないのというのが
世界的な急降下爆撃における評価だったのだそうです。
熟練搭乗員でも25%くらいが関の山だったんだそう。
南雲機動部隊……強かったんですね。

この戦いによって、英国本国は、増強圧力が日本軍に対して効果を持たなかったと伝達。
セイロンへの帰港の禁止等を命令、東洋艦隊は索敵を続けながらアッドゥ環礁に退避。
その後双方索敵を行うものの発見に至らず、接触しない状態が続きます。

【4月9日 トリンコマリー空襲】
4月9日に南雲機動部隊は今度は北部に位置するトリンコマリーを空襲し、
5日と同じく、港湾施設及び飛行場を強襲。

そして、覚えておいでですか(2回目
Somerville03.png
サマヴィル司令長官がトリンコマリーにハーミーズ(軽空母)を移動させていたのを……

この空襲を察知したイギリス軍は港からの脱出を攻撃開始時には行っておりましたが、
今度は榛名搭載の水上偵察機に発見されます。

「な、なんだってー!」となった南雲機動部隊。
山口多聞第二航空戦隊司令官の「(港への)攻撃隊発進の要ありと認む」という信号は受け入れられず
(在泊の輸送船数十隻に攻撃がまわっていなかったためだと思われます)
トリンコマリーへの第二次攻撃隊の兵装を魚雷へ転換し、空母撃沈に送り出します。

帰還した第一次攻撃隊にも補給と魚雷への兵装転換を命じますが、
この時にイギリス空軍に赤城が奇襲を受けております。
全く気づいていなかったんだそうで。
投下された爆弾は夾叉したものの命中しなかったそうではありますが。

艦爆隊に追撃され、護衛が駆逐艦1隻きりのハーミーズは、攻撃開始より15分にて撃沈。
この時の艦爆隊の命中率は82%であったそうです。ゴイスー!

5日の空襲でも日本軍は、索敵怠ったり、魚雷を爆装へ転換させたり、また直したり、
敵の接近に気づかず攻撃を許したり、と、
それMIでもやらかしましたよね……?というようなことをやっております。
資料として見させていただいたページにも、
「これを教訓として生かせなかったため、ツケが後日高くついた」という旨が記されていました。
Wikiにも「ミッドウェー海戦の前触れ」という項目で語られています。

以上が「セイロン沖海戦」の経緯でござります(・ω・)
ここから、セイロン島攻略へと、ifの戦いへ向かうのですね。
島攻略ということで、陸上系ボスは多分出るんじゃないかと思います。
さてさて、どないなりますやら!

【ベンガル湾作戦】
南雲機動部隊のインド洋進出に合わせ、第一南遣艦隊(いわゆる馬来(マレー)部隊)がベンガル湾にて通商破壊を行っていたそうです。
ビルマ方面の連合軍の牽制、3月末にイギリスに占領されていたアンダマン諸島への反抗企図阻止の意味があったのだとか。
空前の大戦果を上げたそうですが、うーん、商船撃沈は……うーん……
軍艦に乗っているのも人間で変わりないのですが。
うまく言えないけれど……うーん(。´・ω・)
これも甘ったれた平和の中で暮らす現代人の考えなのかなとは思ったりします。

参加艦隊はこちら
第一南遣艦隊
司令長官:小沢治三郎中将

重巡洋艦 鳥海
軽巡洋艦 由良

第四航空戦隊
┣ 航空母艦 龍驤
┗ 駆逐艦 汐風

第七戦隊
┣ 重巡洋艦 最上
┣ 重巡洋艦 三隈
┣ 重巡洋艦 鈴谷
┗ 重巡洋艦 熊野

第二〇駆逐隊
┣ 駆逐艦 夕霧
┣ 駆逐艦 朝霧
┣ 駆逐艦 白雲
┗ 駆逐艦 天霧

第三水雷戦隊
┗ 軽巡洋艦 川内

第一一駆逐隊
┣ 駆逐隊 初雪
┣ 駆逐隊 白雪
┗ 駆逐隊 吹雪

第一九駆逐隊
┗ 駆逐艦 磯波


同時期の作戦ということで……二面作戦(札)かなと思ったりもしますが……
こちらの扱いはどうなるのかな~というのも気になるところです。

結果だけで見ると圧倒的に日本軍が勝利を納めた海戦ではありますが、破滅の前哨戦とも言えるものでもありました。
大成功と評する人、東洋艦隊主力をマレー沖に続き壊滅させられていたら、
第二次世界大戦の結末が変わっていた可能性を予測する人、
日本にとって最重要脅威であったアメリカ太平洋艦隊と全く関係のない作戦に、
南雲機動部隊を投入したことでアメリカに立て直しの機会を与えてしまい(この4ヶ月前が真珠湾)、
しかも熟練の機動部隊を消費、摩耗したただけだと不満を抱く人。
色々な評価がある海戦のようですね。

当時のニュース映像がNHKで公開されています。
資料を読んだ後に見ると、なんだか物悲しいものを感じます。

最後に、wikipediaと、こちらのページを参考に組み上げさせていただきました。
間違っている部分もあるかもしれませんが(記述が違ったりするところがあったりで……)、
ご指摘いただければ幸いです。

長くなりましたが、このあたりで前哨戦!閉めようと思いまする!
イベまであともう少し。
提督の皆様、共に頑張りましょう!&楽しみましょうねぃ!




……マウス投げる事態にならなければいいんですけど(フラグ
Community テーマ - 艦隊これくしょん~艦これ~  ジャンル - オンラインゲーム

Newer Entryセイロン沖海戦のお勉強~延長戦~&イベント準備あれやこれや

Older Entry【3/27追加任務】ドM、マウスを投げる~「新編「三川艦隊」ソロモン方面へ!」攻略日記~

Comments

 
商船、輸送船、タンカーを沈める事が実は大事
陸軍はそれらを使って進出するわけで
アメリカ軍は、駆逐艦、輸送艦を優先的に狙ってたそうです
日本は大物に拘り過ぎた見解もあります
正面打撃力を維持するための兵站、各占領地の兵站、戦時経済の為の兵站
すべて、商船が主力ですから(商船から徴用)
 
コメント有難うございます! 
名無しの日本人さま

コメント有難うございました!
なるほどです、大変参考になりました……!

山口多聞さんが「攻撃隊発進の要ありと認む」と赤城に打電したのも、
「在泊の輸送船数十隻には攻撃がまわらず」というところを
きっと危惧したということなのですね。
それよりハーミーズ撃沈に乗り出した…というのは、
まさに名無しさまの仰る通り「日本は大物に拘り過ぎた」ということなのでしょうか。

どうしても商船というと「非戦闘船」という頭になってしまって
本文にああいった記述を致しましたが、
やはり現代の頭で考えてはいけない部分がありますね。
大変合点が行きました。
納得の出来る回答をご教示いただけて、書いてよかったです!

またアホなことを書き連ねるかもしれませんが、
その際はご教示いただければ&またお越しいただければ幸いです!

本当に有難うございました!感謝!
 
 
あと陸軍がセイロン攻略を躊躇ったのは、補給線があまりにも伸びている事もあります
ただでさえソロモンのような遠隔地で戦ってるのに、セイロンまで補給が続くか?て事です
実際、マリアナ沖海戦前の牟田口将軍が率いる第十五軍のインパール作戦ですが、もともと無茶な作戦だったものでしたが、それですら作戦用物資の到着は計画の十分の一でした
これは当時(1944)の日本の輸送力を示しているわけで、もしセイロン島を占領していても、それを維持するための補給が続くか甚だ疑問だったと言えます
1944年上半期から日本の海上輸送は大幅に減少に転じます
トラック島に商船を置き去りにして喪失した海軍割り当ての輸送艦やら、アメリカ潜水艦の餌食になったものなど
日本軍は補給軽視とよく言われますが、それが顕著に表れてるのが海軍でした
陸軍は食糧は現地調達できるかも知れませんが、弾薬や燃料は本土から得ないといけない事は当然知悉していましたし
中国戦線でのイケイケドンドンな陸軍も、南洋の補給の大変さは理解してたようです
結構消極的だったりします
 
 
管理人さま
丁寧なご返事ありがとうございます

あの時代の陸軍、海軍も、輜重(輸送や補給)に関しては下に見る傾向があったそうで
輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうちと囃されて馬鹿にされてたそうで
実際は輜重一等兵や二等兵が班長になって、軍属の輸卒を仕切るものだったそうですが
兵站に関わるものを格下に見ていた風潮は、けっこう厳しかったようです
正面打撃力に関わる主力がエリートで、それを支える兵站は窓際と言った塩梅でしょうか
その裏返しが大物狙いに繋がったのかも知れません
艦これでも、大型艦をバリバリ動かすには、軽巡駆逐の遠征が無いと話にならないわけで・・・
兵站、補給の大切さをゲームですが、広く知ってもらえたのは良い事だと思いました
 
 
名無しの日本人さま

素晴らしく分かりやすいご解説有難うございます!
空気読まずにコメント挟んでしまって申し訳なく思います……orz

そうですよね、湧いて出るわけじゃないですから、
特に弾薬や燃料は運んでいかなければいけないのですよね……!
占領して、その先の補給をどうするかまで考えなければいけなかったんですね。

資料や戦史だけで、ここを占領した、ここで海戦があった、
どの艦がここで沈んだ等上辺の知識だけでなく、
当時のそういった価値観や状況等まで目を向けるべきなのかもしれません。
つい目を反らしがちだった戦争について調べるきっかけをくれた艦これには感謝しています。
まだまだ認識も知識も薄っぺらいものですが……

>艦これでも、大型艦をバリバリ動かすには、軽巡駆逐の遠征が無いと話にならないわけで・・・
まさにそうですね!

コメントをいただいた上で最近開放された1-6を見ると、
また違った目で見れるような気がします。
アメリカ軍が輸送船等を優先的に狙っていた再現というのか。
セイロン前にこれを入れてきたのは重要なことなのかもしれませんね。
輸送船団護衛、大事なことだったんだなぁ。
もらった資材、大事に使おうと思います!

コメント本当に有難うございました!
またお越しいただければ幸いです(*´艸`*)
 
 
初めまして。
史実関係を調べるためにググっていて偶々拝見させていただいたのですが、其々の相互関連など非常にわかりやすく、調べたかったこともわかったのでとても助かりました。
今後も調べたいことが出てきた時に頼りにさせていただこうかなと考えてしまう程素晴らしかったです。今後も無理されないよう続けていただけると非常に嬉しいです!٩( 'ω' )و
 
 
٩( 'ω' )وさま(お名前わからなかったのでごめんなさい!

いらっしゃいませー!
艦これに絡めて…ではなく史実のセイロン沖をお調べになってたということかな…?
うわわわ!
恐縮です&何かお役に立てたようであれば大変嬉しいです(*´艸`*)

今後も頼りに…!
そう言っていただけるとは!
Wikiと睨めっこしながら書き上げた甲斐がありました!
有難うございます!
嬉しいよおおおおおおおお(。´;ω;)ヒー

細々と続けていこうかなとは思っておりますので、
また何かしらお役に立つ日が来たならば、
こんなに嬉しい事はありません!

またぜひ遊びに来てくださいね!
(そんなに頻繁に更新はしていないのですが…(´・ω・`))
 
 
こんにちは
疲労抜きの間に、ちょこちょことセイロン沖海戦をググってたら、ここにたどり着きました
地図、画像がたくさん使われてて、とてもわかりやすくて助かりました
史実を知っていると更に艦これ楽しめるので、改めて春イベ頑張ろうって思いました!ありがとうございます

補給を叩く、断つというのは戦いにおいて有効ですし、海軍における補給となると標的は当然商船となるでしょうね・・・
日本の商船や船団護衛の話は調べると悲惨すぎて泣けてきます。。
いや、本当に補給、兵站って大事ですね(減っていくバケツを眺めつつ・・)
 
 
あさなぎさま

初めまして、レスが遅れまして失礼しました!
コメントいただけて嬉しいです、有難うございますヽ(=´▽`=)ノ

分かりやすいと言っていただけて感無量です!
E3,4,5が札付きのところを見ると、
単純にセイロン沖海戦をそのまま持ってきた…というより、
if作戦の一環としてセイロン沖で戦う…みたいな感じじゃないかと
思ったりしています。
史実に沿うなら、札付きはE2,3のみとなるんじゃないかなーと。
そのくらいの札縛りで良かったような気もしてますです、個人的にはですが。

E4で占領したはずなのに、E5が海の上からスタートして
補給地点(燃料マス)がリランカ島っつーのもイマイチよく……ww

補給を叩く、商船や輸送船を叩くことの重要性はこれを調べてよく分かりました。
ほんとに知識不足で申し訳ない限りですが、調べて良かったと思ってます。
そうですよね、遠征に出した子たちが「途中で撃沈されました」なんてことに
なったらば、いやいやいやいやいや!資材どうすんの!ってなりますものね……

イベントの進捗具合はいかがでしょうか?
望まれた結果となりますよう、微力ながら祈ってます!
頑張ってくださいね!
またぜひ遊びに来てくださいませヽ(=´▽`=)ノ
 
 
大和型でタコ殴りしていたら、すんなりラストダンスまで辿り着いてしまい、
流石に深海棲艦達に申し訳ないと思い、何らかの縛りしなければと
考えていたらここにたどり着きました!

ウィキペディアよりもわかりやすく、一歩踏み込んだ考察で、楽しく記事を
読めました。IF海域ですが、なんとなく出撃するであろう艦娘も選べたので
これからラストダンス行ってきます!

しかし、今回のイベントが比較的難易度低めだったんで、夏イベが戦々恐々ですw
 
 
鷲嶺さま

初めまして!
レスが遅れまして、失礼しました……(。´・ω・)!

大和型でタコ殴りww
ラストアタックはいかがでしたでしょうか?
無事に完了されてますように!

ウィキより分かりやすいとは……!
嬉しすぎるお言葉有難うございます!

私学生時代の勉強法もそうだったんですが、
下書きもなく、なんとなく書き始めて、
途中で図があったほうがいいなと思ったら必要そうな図を書いて(作って)
ゴシゴシ書き進めて、最後に推敲する…という感じなので、
分かりにくいかなぁと思ってた部分も正直最初は多大にあったのです……

が、本当に予想以上!のアクセスや拍手、コメントをいただけて、
更に楽しくお読みいただけたとのことで、書いた甲斐がございました( ´∀`)ワーイ

今回はそうですね、2014夏や2015冬と比較した場合は低めだったかもしれないですね。
E5でルート固定も潜水デコイも使わなかったので(趣味ですww)、
そこでヒャッハー!となりましたがww
個人的にはちょうど良かったんじゃないかと思ってます。

ただ、最深部ドロ限定で戦艦出しちゃってるので、
万人がそういう感想にはなり得ない部分もあるんじゃないかなとも思ったりしますね(。´・ω・)
難易度うんぬんより、終わりの見えないルーチン作業は、
「つまらない」という感想に結びつきがちなので、ちょっとそこが残念かな、と……

夏イベは多分凄まじいのが来ると思います。
マリアナあたりかなーと予想してますが、果たして……!

またぜひ遊びに来てくださいね( ´∀`)
有難うございました!
 


 
09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08 10


 
 
プロフィール

あすみどり

Author:あすみどり
「艦隊これくしょん」佐世保鎮守府在住(2015.2.6に大湊より転属致しました)
嫁は北上さま(・ω・)

※↑の「なかちゃん」ロゴはこちらのサイトさまより拝借致しました。

 
リンクについて(・ω・)


リンクはフリーです。
バナーが必要であれば上記を「お持ち帰り」にてお使いくださいませ(・ω・)b
相互リンクも募集中でごいす!
 
 
 
 
参加させていただいてます。
艦隊これくしょん~艦これ~・攻略ブログ
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。